ホームページのHTMLタグの表示について

当ページのリンクには広告が含まれています。
HTML,イメージ

お問い合わせはこちら

ホームページを構成するHTML(HyperText Markup Language)は、ウェブページの構造を定義するための標準マークアップ言語です。

HTMLは、テキストコンテンツに「タグ」と呼ばれるマークアップを追加することにより、ウェブブラウザが解釈し表示できる形式にします。

ここでは、ホームページの作成に頻繁に使用される基本的なHTMLタグについて詳しく説明します。

目次

基本的なHTMLタグ

  • <!DOCTYPE html>: 文書がHTML5で書かれていることをブラウザに伝えます。
  • <html>: HTML文書のルート要素です。
  • <head>: 文書のメタ情報(タイトル、文字セット、スタイルシートのリンクなど)を含む部分です。
  • <title>: ウェブページのタイトルを指定します。ブラウザのタブに表示されます。
  • <meta>: 文書に関するメタ情報を定義します。例えば、文字セット(charset="UTF-8")を指定することができます。
  • <link>: 外部リソース(多くの場合、スタイルシート)を文書にリンクします。
  • <script>: JavaScriptコードを文書に組み込むために使用します。
  • <body>: ウェブページの内容を含む部分です。

コンテンツを構成するタグ

  • <h1>, <h2>, <h3>, … <h6>: 見出しを定義します。<h1>が最も重要で、<h6>へ向かうにつれて重要度が下がります。
  • <p>: 段落を定義します。
  • <a href="URL">: ハイパーリンクを作成します。href属性にはリンク先のURLを指定します。
  • <img src="画像のURL" alt="代替テキスト">: 画像を埋め込みます。srcには画像のURLを、altには画像が表示されない場合に表示されるテキストを指定します。
  • <ul>, <ol>, <li>: 箇条書きリスト(<ul>は番号なし、<ol>は番号付き)を作成します。リストアイテムは<li>タグで囲みます。
  • <div>: コンテンツをブロックとしてグループ化します。CSSでスタイリングする際に便利です。
  • <span>: コンテンツをインラインでグループ化します。テキストの一部にスタイルを適用する際に使用します。

フォーム関連のタグ

フォーム,イメージ
  • <form>: ユーザー入力を収集するフォームを作成します。
  • <input>: 入力フィールドを定義します。type属性でさまざまなタイプの入力(テキスト、パスワード、チェックボックスなど)を指定できます。
  • <label>: <input>要素のラベルを定義します。アクセシビリティを向上させます。
  • <button>: ボタンを定義します。フォームの送信ボタンや、JavaScriptで使用するための汎用ボタンとして使います。

これらのタグを組み合わせて使用することで、ユーザーに情報を提供し、インタラクションを促すホームページを作成することができます。

HTMLは基本的にウェブページの「骨組み」を構築するためのものであり、CSS(Cascading Style Sheets)を使用してスタイリングを加えることで、見た目を美しく整えることができます。

また、JavaScriptを使用してページに動的な要素や機能を追加することも一般的です。

以上、ホームページのHTMLタグの表示についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次